ベンチャーキャピタルから投資を受けることはメリットばかりではありません。デメリットの面も勘案し検討しましょう。ご相談はイーコンサルタントまで!

IPO 株式公開支援のイーコンサルタント
TOP
ベンチャーキャピタルからの資金調達についてイーコンサルタントが解説します。
ベンチャーキャピタルとの折衝
株式公開についてのコンテンツ

6.メリットとデメリット

ベンチャーキャピタルから出資を受けることによるメリットやデメリットはどんなものがあるでしょうか?

メリット 1. 役員派遣によるハンズオン経営支援が受けられる可能性がある
2. アライアンス先の紹介等を受けられる場合がある
3. 自社株が公開株式になるので、流動性が高まり相続税に対する一つの手段になりうる
4. ベンチャーキャピタルから出資をうける事で社会的な信用力が向上する。
5. ベンチャーキャピタル1社が投資した場合、他のベンチャーキャピタルからの投資も受けやすくなりキャッシュフローが改善される(資金の余裕)。

デメリット 1. 経営に関して出資者側の意向を反映させる必要が生じる
2. 時期尚早でもIPOを目指してしまった結果、間接経費の増加を招いてしまう可能性がある
3. ビジネスモデルが立ち行かなくなって、株式公開が見えなくなった場合、経営者又は企業が買取る可能性がある。

 前へ 次へ 


お問い合わせ - 会社概要 - プライバシーポリシー - サイトマップ
Copyright(C) e-consultant corporation inc. All rights reserved.