大阪証券取引所 ヘラクレスの上場申請受付基準一覧表です。スタンダード基準(第1号・第2号・第3号)とグロース基準の2つの上場申請受付基準があります。

IPO 株式公開支援のイーコンサルタント
TOP
株式公開についてイーコンサルタントが解説します。
申請基準
1. 形式基準
2. 東証2部/
大阪/
名古屋/
福岡/札幌/
JASDAQの受付基準
3. 東証マザーズ/
名証券セントレックス/
福証Q-board/
札証アンビシャス
の受付基準
4. 大証ヘラクレスの
受付基準
株式公開についてのコンテンツ

大阪証券取引所 ヘラクレスの上場申請受付基準

項目 \ 基準 スタンダード基準 グロース基準
第 1 号 第 2 号 第 3 号
(1)純資産の額
(注1)
6億円以上 18億円以上 債務超過でないこと 上場時純資産4億円
以上または時価総額
50億円以上または
税引前利益の額が
7,500 万円以上
(2)時価総額または
総資産・売上高
(注1)
- - 時価総額 75 億円
以上または総資産
75億円以上かつ
売上高 75億円以上
(3)利益の額
(税引前利益)
(注1)
1億円以上 - - ­
(4)浮動株式数
(注2)
1,100 単位以上 1,000 単位以上
(5)公開株式数
(注3)
500 単位以上 500 単位以上
(6)設立経過年数 - 2年以上 - 1年以上または
時価総額が
50億円以上
(7)浮動株時価総額 8億円以上 18億円以上 20億円以上 5億円以上
(8)株主数 400 人以上 300 人以上
(9)財務諸表等 2事業年度有価証券報告書等に虚偽記載なし、
かつ、いずれも適正意見であり直前期は無限定
適正意見であること
(10)その他 株式事務代行機関の設置
株券様式の適合
株式の譲渡制限なし
指定保管振替機関における取扱いに係る同意
(11)公開後の会社
情報の提供等
四半期の業績概況の開示 (MD&A を含む)
決算短信においてコーポレートガバナンスの状況について開示

(注1) 総資産、売上高、利益の額及び純資産の額は連結財務諸表上の金額によります。また、総資産、売上高及び利益の額が、直前事業年度において基準を下回っている場合でも、最近3事業年度の最初の事業年度及び次の事業年度の金額が基準を上回れば上場可能です。 (下表中、○印は基準を上回っている場合、×印は基準を下回っている場合を表します。また、純資産と売上高は同じ事業年度において基準を充足する必要があります。)
パターン 3年前の事業年度 2年前の事業年度 直前事業年度 適否
A × ×
B ×
C × ×
D × ×
(注2) 浮動株式数とは、上場申請会社。その役員及び10%以上の株式を保有する株主以外の株主が保有する株式をいいます。
(注3) 公開会社については公開株式数の基準の適用がありません。

お問い合わせ - 会社概要 - プライバシーポリシー - サイトマップ
Copyright(C) e-consultant corporation inc. All rights reserved.