内部統制制度構築の意義とは?内部統制の整備運用をすることで企業にはどのようなメリットがあるのでしょうか?

IPO 株式公開支援のイーコンサルタント
TOP
内部統制制度構築の意義と、内部統制制度の限界
内部統制コンテンツ一覧   

内部統制制度の理解B.制度構築の意義

B-1.内部統制制度構築の意義とは?

内部統制の4つの目的は相互に関連しており、企業等は、内部統制を整備・運用することにより、4つの目的を達成していくことになります。

財務報告の信頼性との関係から見ると、自社のすべての活動、全従業員の全行動を把握することは困難であるため、それに代わり、経営者は、企業内に有効な内部統制のシステムを整備運用することにより、財務報告における記載内容の適正性を確保します。

また内部統制システムの整備・運用を行うことで、業務の有効性・効率性の確保、それに伴い情報処理コストの削減、さらには信頼性を高めることにより、資金調達機会の拡大、資金調達コストの削減が図れます。
このため、単に内部統制を整備するだけでなく、それを意図したように機能させることが重要であり、経営者はそれぞれの企業の状況等に応じて、内部統制の機能と役割が効果的に達成されるよう、自ら適切に工夫を行っていくことが望まれています。

B-2.内部統制制の限界とは?

内部統制は、

  1. 判断の誤り、不注意、複数名による共謀によって有効に機能しない場合がある
  2. 当初想定していなかった組織内外の環境の変化や非定型的な取引等には必ずしも
    対応しない場合がある
  3. 内部統制の整備及び運用に際しては、費用と便益との比較衡量が求められる
  4. 経営者が不当な目的のために内部統制を無視、無効にする場合がある

等、固有の限界があるため、その目的達成において絶対的ではないですが、各基本的要素が有機的に結びつき、一体となって機能することで、その目的を合理的な範囲で達成しようとするものであります。

経緯・求められるものへ
お問い合わせ - 会社概要 - プライバシーポリシー - サイトマップ
Copyright(C) e-consultant corporation inc. All rights reserved.