財務報告に係る内部統制の内容、求められているものは・・・等について、企業会計審議会から公表された文書を元に解説します。

IPO 株式公開支援のイーコンサルタント
TOP
財務報告に係る内部統制の内容、求められているものは・・・等について、
平成19年2月15日に企業会計審議会から公表された「財務報告に係る内部統制の評価及び
監査の基準並びに財務報告に係る内部統制の評価及び監査に関する実施基準の
設定について(意見書)」
の『供Ш睫格鷙陲坊犬詁睇統制の評価及び報告』
『III:財務報告に係る内部統制の監査』に沿って検証していきましょう。
内部統制コンテンツ一覧   

内部統制制度の理解A.実施基準構成

A-1.「II:財務報告に係る内部統制の評価及び報告」の構成は?

基準の第2章である【II:財務報告に係る内部統制の評価及び報告】は、

  1. 財務報告に係る内部統制の評価の意義
  2. 財務報告に係る内部統制の評価の範囲
  3. 財務報告に係る内部統制の評価の方法 
  4. 財務報告に係る内部統制の報告

の4部で構成されており、『経営者による、財務報告に係る内部統制についての自己評価、報告』について説明しています。
また、例として『財務報告に係る全社的な内部統制に関する評価項目例42項目(6つの基本的要素に基づく)、業務の流れ=フローチャート、業務記述書、リスクと統制の対応=リスクコントロールマトリックス』が記載されています。

 

A-2.「II:財務報告に係る内部統制の評価及び報告」の主な内容とは?

【前提】

経営者は、内部統制を整備、運用する役割と責任を有しており、財務報告に係る内部統制については、その有効性を自ら評価し、その結果を外部に向けて報告することが求められている
⇒ 内部統制報告書を作成し、内部統制の有効性の評価結果等を記載

* この評価は、財務報告の信頼性に及ぼす影響の重要性の観点から、必要な範囲において行う。
* この評価範囲は、財務報告に対する金額的・質的影響の重要性を考慮して、合理的に決定する。
⇒ 重要性の乏しい勘定科目・重要性の乏しい子会社および関連会社は評価の対象としなくてもよい。

【進め方】

トップダウン型のリスク重視のアプローチ   
⇒経営者が、内部統制の有効性を評価するにあたっては、     
 (1)連結ベースでの財務報告全体に影響を及ぼす内部統制(以下、『全社的な内部統制』という)
    について評価を行う
 (2)その結果を踏まえて、業務プロセスにかかる内部統制について評価を行う

経緯・求められるものへ
お問い合わせ - 会社概要 - プライバシーポリシー - サイトマップ
Copyright(C) e-consultant corporation inc. All rights reserved.