財務報告に係る内部統制の評価の意義について、企業会計審議会から公表された文書を元に検証しています。

IPO 株式公開支援のイーコンサルタント
TOP
「財務報告に係る内部統制の評価及び監査の基準並びに財務報告に係る内部統制の評価及び監査に関する実施基準の設定について(意見書)」の第2章である【II:財務報告に係る内部統制の評価及び報告】にある 〆睫格鷙陲坊犬詁睇統制の評価の意義についてその説明を検証しましょう。
内部統制コンテンツ一覧   

内部統制制度の理解B.評価の意義

B-1.財務報告に係る内部統制の評価の意義とは

基準では、『経営者は内部統制を整備および運用する役割と責任を有している。特に、財務報告の信頼性を確保するため、「内部統制の基本的枠組み」において示された内部統制のうち、財務報告に係る内部統制については、一般に公正妥当と認められる内部統制の評価の基準に準拠して、その有効性を自ら評価し、その結果を外部に向けて報告することが求められる』とあります。

⇒つまり、財務報告にかかる内部統制の整備状況・運用状況を、私見ではなく、一般的に妥当と認められる根拠・基準に基づき自己評価し、その結果を外部に報告することにより、自社の作成する財務報告の信頼性を確保・合理的保証を得ようとするものであります。

上記にもあるとおり、基準には、財務報告、重要な欠陥。。。といった言葉が出てきます。 この基準を紐解く中で、財務報告って、具体的には? 重要な欠陥ってどのような欠陥?といった疑問が出てくるものと思います。 基準の【II:財務報告に係る内部統制の評価及び報告】の〆睫格鷙陲坊犬詁睇統制の評価の意義 において、用語の解説がありますので、抜粋してみていきましょう。

B-2.財務報告とは・・・・その範囲

基準において「財務報告」とは、『財務諸表および財務諸表の信頼性に重要な影響を及ぼす開示事項等に係る外部報告をいう』とあります。

(1)上記の財務諸表とは
連結財務諸表の用語、様式および作成方法に関する規則(昭和51年大蔵省令第58号)第1条に規定する連結財務諸表
財務諸表等の用語、様式および作成方法に関する規則(昭和38年大蔵省令第59号)第1条に規定する財務諸表
(2)上記の財務諸表の信頼性に重要な影響を及ぼす開示事項等とは、有価証券報告書等における財務諸表以外の開示項目等のことで以下のようなもの
*財務諸表に記載された金額・数値・注記を要約・抜粋・分解・利用して記載する開示事項
(例) 
有価証券報告書の「企業の概況_主な経営指標等の推移」 「事業の状況_業績の概況、生産・受注および販売の状況、財務状態および経営成績の分析」 「設備の状況」 「提出会社の状況_株式等の状況、配当政策、コーポレートガバナンスの状況」 「経理の状況_主要な資産および負債の内容」。。。。等、
関係会社の判定、連結範囲の決定、持分法の適用の要否、関連当事者の判定その他財務諸表の作成における判断に密接に関わる事項
(例)
有価証券報告書の「企業の概況_事業内容、関係会社の状況」 「提出会社の状況_大株主の状況(関係会社・関連当事者・大株主)」。。。。等
経緯・求められるものへ
お問い合わせ - 会社概要 - プライバシーポリシー - サイトマップ
Copyright(C) e-consultant corporation inc. All rights reserved.