上場企業は『コーポレートガバナンスに関する報告書』の 提出が求められています。

IPO 株式公開支援のイーコンサルタント
TOP
「財務報告に係る内部統制の評価及び監査の基準並びに財務報告に係る内部統制の評価及び監査に関する実施基準の設定について(意見書)」の第2章である【II:財務報告に係る内部統制の評価及び報告】にある 〆睫格鷙陲坊犬詁睇統制の評価の意義についてその説明を検証しましょう。
内部統制コンテンツ一覧   

内部統制制度の理解B.評価の意義

参考:コーポレートガバナンス

参考:コーポレートガバナンスって?ブレイクタイム: コーポレートガバナンスって?

皆様は、コーポレート・ガバナンスという言葉もよく耳にされるのではないかと思います。

コーポレート‐ガバナンス【corporate governance】 とは。。。

辞書を見てみると、

  • 企業ぐるみの違法行為を監視したり、少数に権限が集中する弊害をなくしたりして、企業を健全に運営すること。また、その仕組み。企業統治。(大辞泉)
  • 会社の不正行為の防止あるいは適正な事業活動の維持・確保を目的とした会社システムのあり方をいう。具体的には監査役・株主総会等による取締役の行為のチェック-システムとの関連で問題とされる。広義には、経営者が株主から預かった出資金を効率的に運用し、利益を上げるシステムとして捉えられ、 株主ばかりではなく、従業員や取引先、その他社会一般の利害と企業との関係を問う視点へとその問題領域は拡大してきている。企業統治。(大辞林)

とあります。 上記の意味を見ますと、今回の基準で発表された『財務報告に係る内部統制』は、大きな枠組みでとらえると、コーポレート・ガバナンスの一部なのかな?  という印象を受けるのは自分だけでしょうか。


コーポレート・ガバナンスの体制に関しましては、『有価証券報告書』にその体制・整備状況を記載するとともに、上場企業は『コーポレートガバナンスに関する報告書』の 提出が求められています。


【主な記載内容】
  1. コーポレートがガバナンスに対する考え方(方針)及び基本情報等
  2. 会社経営上の意思決定、執行及び監督その他のコーポレート・ガバナンス 体制等の状況
  3. 株主その他ステークホルダーとの関係等
  4. 内部統制システムの整備状況等
経緯・求められるものへ
お問い合わせ - 会社概要 - プライバシーポリシー - サイトマップ
Copyright(C) e-consultant corporation inc. All rights reserved.